トップページ?≫?「モン娘」TVアニメ化記念トークショー&サイン会レポート
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気コミックス『モンスター娘のいる日常』第7巻発売と連載3周年、そしてTVアニメ化決定を記念した「オカヤド先生トークショー&サイン会」が2015年3月14日、コミックとらのあな秋葉原店C・4階イベントフロアにて開催された。

monmusu_event06

同イベントは、参加受付を開始して5時間で100名分のチケットが無くなったようだ。





前半は、著者のオカヤド先生ほか関係者によるトークショーが30分ほど、後半はサイン会が行われた。
トークショーは、著者・オカヤド先生、月刊コミックリュウ編集部・猪飼幹太副編集長、ジェンコ・森尻和明TVアニメプロデューサー、そして東宝・山中一孝プロデューサーのMCで進行された。

▼イベントの様子
monmusu_event03

まずは、『ビジュアルで見る「モンスター娘のいる日常」ヒストリー!』と題して、プロジェクターを使用しながら歴史を振り返った。
簡単に説明すると以下の通りである。

・2006年12月、「モン娘」の原型となる設定入りイラストを巨大掲示板サイトに投稿。
・2007年2月、イラストを発展、ストーリーをつけたマンガ「ラミアのいる日常」を投稿。
・世界で英訳される。
・2011年11月、「けもも2」に『モンスター娘のいる日常』カラー4 Pを掲載し好評を博す。
・2012年3月、リュウ本誌で『モンスター娘のいる日常』連載開始。
・2012年9月、『モンスター娘のいる日常』コミック第1巻発売。
・第1巻発売前にAmazonで品切れし、初日に重版がかかる。2 ヶ月で10万部突破。
・2014年5月、「The New York Times」内のベストセラーズでマンガ部門の第1位獲得。
・2015年3月、テレビアニメ化決定&コミックス国内累計150万部突破。

プロジェクターに映し出された過去の貴重な資料画像は、オカヤド先生には秘密で集められたもので、「クソ恥ずかしい」と大変照れた様子であった。

続いて、TVアニメ化を記念してミニくす球が登場し、オカヤド先生が割って祝った。

▼ミニくす球を割るオカヤド先生
monmusu_event04monmusu_event05

TVアニメ化が決まったことを聞かれたオカヤド先生は、「“ニッチだ!マイナーだ!ヘンタイだ!” と言われてますし、単行本もここまで売れると思っていなかった。まさかここまでくるとは未だ信じら れない。作中の“コンプレックスを持った女の娘を、どう付き合って癒してあげるか”というところを大 事にして制作している」というような感想を述べた。

そして、TVアニメのキャラクターデザインと、出来上がったばかりという制作中の一部映像が先行公開された。 キャラクターデザインについては、女の娘の大きな体をどう画面に収めるか苦労したこと、セントレアの胸が「とにかく大きく!まだ小さい!」とオカヤド先生から何度もリテイクがあったこと、パピの羽の描き方をオカヤド先生と相談しながら制作したことが話された。
映像については、オカヤド先生は「感無量です!自分の描いた絵を他人に描いてもらえるだけで も嬉しいのに、更に動いちゃうんですよね!」と、喜びあふれるコメントをした。

トークショーは、イベント参加者のみが知り得る情報もあり、大変濃い内容だったのではないかと思 う。

▼会場内に貼られていたポスター
monmusu_event01monmusu_event02



<関連リンク>
モンスター娘のいる日常 公式サイト
モンスター娘のいる日常 アニメ公式サイト
月刊コミックリュウ 公式サイト
モンスター娘のいる日常 公式Twitter
モンスター娘のいる日常 アニメ公式Twitter





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星



Loading


秋葉原のメイド・コスプレ系飲食店のサービス等の一覧表です。 メイド喫茶をお探しの際の参考に。
管理人・まいくによる、秋葉原の街・ヒト・モノなど、何でもきまぐれに綴る秋葉原ニュースブログ。

何でも紹介致します。
アキバが楽しくなる事、
お手伝いさせて下さい。


プレスリリースや
お問い合わせは
mike1973◆yahoo.co.jp
(◆は半角@)
まで。

・主な履歴

当ブログ内の画像及び文章の転載は構いませんが画像のウォーターマークの削除等はご遠慮願います。

akibanippo-bn


当ブログは携帯からも確認する事が出来ます。